結局、最強のスキンケアは睡眠!

30代の主婦です。

アトピー体質なこともあり、学生時代からスキンケアにはお金と時間をかけてきました。

OLだったころにはランコムやディオール、ゲランなどといった海外の有名ブランドのスキンケアアイテムを好んで使っていました。2万円以上する美白美容液や5千円以上する化粧水も毎日惜しみなく使っていました。

夜は1時間ほどかけて念入りに化粧水、乳液、クリームを塗りこみ、朝は早起きしてしっかりメイクをして出かけていました。

それなのに、希望するような透明感のある肌は手に入らず、さらにいろいろな化粧品に手を出す日々でした。

30代になって子供が産まれると自分にかける時間はなくなりました。

手早く使えるものだけを選び、オールインワンゲルが定番のアイテムになりました。

しかし歳を取り、手抜きをしているにも関わらず肌の調子は20代のころよりもいいです。

20代のころとの違いは何か考えてみると睡眠時間が増えたこと、自炊していることがあげられます。

最近は子供を寝かしつけるときに一緒に寝てしまうので毎日8時間以上寝ています。

疲れたと感じた日には寝る前にビタミン剤も飲んでいて、朝起きたときに体が軽く肌の調子がいいと心も明るくなります。

結局、栄養をしっかりとってよく眠る生活は高級ブランドのスキンケアアイテムよりもずっと肌にいいと気が付きました。